木を割っていくと、結構な確率でこの子が出てきました。
 また、色々な幼虫たちも出てきました。
 エサとして活躍してくれるでしょう。

 当日は風が強い日でしたが、竹林内は遮られてか風もなく、想像していたほど寒くはなかったです。
 あべさん、おおのさん、ゾマホンさんと、最初は竹林付近で竹割りと枝折りです。
 今回も、ミカドオオアリが出まくりでしたが、ビギナーズラックとでも言うのでしょうか、ゾマホンさんがミカドオオアリの女王を発見。
 自分は、今回は実験のためのミカドがいれば十分なので、途中から枝折りに変更しました。
 そこで発見したハリブトシリアゲアリの単独女王は、おおのさん宅へ嫁いでいきました。
 昼近くに、あべさんの作った炭で、土生さんからあべさんに送られたブツ(鹿肉)を焼いていただきましたm(。_。)mゴチゴチ
 午後もしばらく同位置で採集、その後移動して、枝折り。
 ここで、イトウさんやウメマツさんが捕獲されました。
 女王無しのシリアゲアリがいくつも出てきて、あべさんが辟易しておりました。
 ミカドとシリアゲアリが出まくった第2回採集会となりました。

 で、今回の成果です。自分の持ち帰りは、
  ミカドオオアリ  イトウオオアリ  ウメマツオオアリ   
  ハリブトシリアゲアリ
 でした。
 ハリブトシリアゲアリの単独女王です。ハリー2世と命名。
 今年の出産に期待大です。
 で、土生さんからの宿題。
 ミカドオオアリの別コロニー混在です。
 この中の4匹が、前回採集したミカドで、残りは今回採集したミカドです。
 しばらく様子を見ましたが、ケンカする様子もなく仲良くしているようです。
 サテライトを形成するアリの特徴なのでしょうか?違うコロニーのアリがケンカしないなんて。
 こちらはウメマツオオアリご一行です。
 胸の当たりがほんのり赤いでしょ?
 残念ながら女王がいないようです。
 幼虫から羽蟻が誕生してくれれば・・・・そして、同巣内交尾が可能なら・・・・・・はかない願いです。
 
 こちらは、イトウオオアリ・・・・・だけのつもりだったのですが・・・・・・2カ所から出たイトウオオアリを、ミカドのように1つのケースで仲良くするものかどうか実験しようとして、1匹を投入。
 しばらく様子を見て大丈夫そうだったので残りのアリも投入。
 そしてまた少しして、イトウオオアリの入ったケースを発見。
 あれ?イトウさんはたしか2ケースのはず・・・・
 ・・・・・・(−_−;・・・・さっきのはウメマツさんでした・・・・
 でも、大丈夫そうだな・・・・・アハハ・・・・・・・
 仲良くしてね。
 これは、イトウ、ウメマツ合同ケースです。
 一緒にエサにかじりついているように見えますね。仲良くしてるのかな?
 判別が難しいんです。
 あんまり色の差がないし・・・・・・(^_^;
 ミカドオオアリとアリヅカコオロギクンです。
 始めてみました。
 おおのさんが発見されたのですが、怖いと言うことでしたのでいただきました。
 ミカドは綺麗なアリなんですがね。
 でも、金網ラップ音は勘弁してほしいけど。
 これが現在の”ありんこタワー”です。
 もうオナカイッパイです。
 これ以上増やすには、増設が必要になってしまいます。
 増設しようにも、スペースが・・・・・・。
 

2005/01/30
ありんこ調査会報告
クリックすると画像が大きくなります。